制作日記

【制作日記 010】ソフトパステルで宇宙を描く

投稿日:2018年1月28日 更新日:

ある日、なんとなく宇宙に滝が流れているイメージが、ふっと浮かびました。

それを絵にしたくて、この作品を描きました。

 

パステル画『宇宙の滝』

サイズ:P20
用紙 :OKサンドカラー(アクアグレー)
画材 :レンブラント ソフトパステル
制作年:2017年

この絵のモデルになったのは、熊本県の鍋ヶ滝です。

以前、松嶋菜々子さんが出演したキリン生茶のCMの舞台となった、有名な滝です。

宇宙に流れる滝のイメージが浮かんだ時、水のカーテンのような幻想的な滝を描きたいと思い、鍋ヶ滝をモデルにしました

 

この作品は、OKサンドカラーという用紙に描きました。
パステル画用の用紙ではありません。

砂を散りばめたような模様のカラーペーパーです。

いろんな色がありますが、全体的に淡い感じの色合いで、なんだか可愛い用紙です。

 

いつもは、パステル画はキャンソン・ミ・タント紙やワトソン紙などに描いていますが、OKサンドカラーという用紙が気になっていたので、どんな感じに描けるのか試しに描いてみました。

使用した色はアクアグレー。薄い水色のような色です。

 

描いてみた感想ですが、ツルツルした感じの用紙なのでパステルののりは良くないです。

パステル画用の用紙のようにザラザラした感じがないので、なめらかな描き心地です。

なので、精密描写はミタント紙やワトソン紙よりもしやすいと思います。
その辺は凄く私好みなんですけど・・・

のりが悪く定着しにくいので、やっぱりパステル画には向かないと思います。
保存も大変です。

個展用に描いたのですぐに額装しましたが、作品の写真を撮るために一度額から外したら、ガラスが粉まみれで悲惨なことになってしまいました(T-T)

 

この作品は、最初に背景や惑星などを描いて、最後に滝を描きました。

滝は、ピンクや水色、黄色、紫などいろんな色を使っています。最初に青や紫、黄色などをのせ、その上から淡い色を何色かのせて、最後に白をのせていきました。

 

この作品で一番難しかったのは、惑星です。型紙などは使用していないので、フリーハンドで綺麗な円形を描くのが難しかったです。

滝を描くのは面白かったです。

 

鍋ヶ滝は以前からずっと描いてみたいと思っていた滝なので、
今度は宇宙ではなく、緑に囲まれた鍋ヶ滝の風景を描いてみたいです。







-制作日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

【制作日記 020】動物をモチーフにしたパステルアート作品

今回は、動物をモチーフにした作品を何点か紹介したいと思います。 パステルアート作品『キリンとコスモス』 サイズ:B4 用紙 :ミューズ ザ・スケッチ 画材 :ヌーベルカレーパステル 制作年:2013年 …

【制作日記 003】ソフトパステルで風景画を描く

パステルアートをされている方は、普段ハードパステルを使用していると思いますが、ソフトパステルってどんなもの?と気になったことはありませんか? 私はずっと気になっていました。教室の生徒さん達からも、ハー …

【制作日記 024】パステルアート作品『スズランの妖精』

今年の夏も「Collection flores et lux 〜アートが繋ぐ仲間展〜」に参加させていただきます。 「Collection flores et lux 〜アートが繋ぐ仲間展〜」というのは …

【制作日記 013】パステル鉛筆で描くマイケルジャクソン

今回紹介するのは、2016年のMJ展に出した作品です。 MJ展というのは、マイケルジャクソンをテーマにしたファンアート展です。 毎年福岡で開催されています。   2016年MJ展の作品 サイ …

【制作日記 005】パステルと色鉛筆で人物画を描く

パステルで精密な絵を描くのって難しいですよね。 私は人物画などを精密に描く時、色鉛筆を使用します。 今回は、パステルと色鉛筆で描いた人物画を紹介したいと思います。 パステル&色鉛筆画『Rainbow …